[最終更新日]2017/05/19

足底筋膜炎改善のために筋膜リリースをやってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足底筋膜炎は安静にしているだけで改善するのか?

足底筋膜炎になりました。改善するには安静にしてくださいと言われたので、安静にしているけどなかなか良くなっている気がしない。

ネットで調べていたら、「筋膜リリース」というものにたどり着いたので試してみました。

※以下にあげている内容は自己責任で参考にしてください。痛みがあるときは無理をせず、すぐに専門家の診察を受けてください。

【広告】

インターバル走で足底筋膜炎に

マラソンの練習にインターバル走を取り入れました。その練習の疲労がたまったせいか、ケアをおこたったせいなのか、足底筋膜炎(足底腱膜炎)になりました。

痛みが出始めた頃はランニング後に違和感がある程度でした。しかし、放置していたら、練習後、特に翌日は足を着くのがつらい程の痛みを感じるようになりました。

それでもそのうちよくなるだろうと放置していたのですが、ハーフマラソンの大会に出場した後から放置できないくらいに痛くなりました。

整形外科に行ったところ、骨に異常はなく「足底筋膜炎」なので安静にしていてくださいと指示されたので、とりあえず一週間は運動を控えました。

走っていたときに比べればだいぶ痛みは引いたのですが、完全に痛みがとれたわけではありません。なので、もう一週間運動を控えて様子をみることに。

二週間も安静にしたから、さすがにもう大丈夫だろうと軽く運動をしてみたところ、軽いジョグにもかかわらず、ジョグの後からじわじわと痛みが再発。。。

ネットで検索しても完治するのに長くかかるようなので、一ヶ月くらいは安静することに。

で、一ヶ月。安静にしていれば気にはならない。しかし、指で押すとまだ痛む。。。
これ、安静にしているだけで本当によくなるのかな?さすがに一ヶ月以上走らないでいるとストレスもたまってくる。何とかならんかとネットで検索。

テニスボールでできる筋膜リリース

ネットで検索していてふと目にとまったのが「筋膜リリース」という言葉。

「足底筋膜炎」は筋肉を覆っている筋膜に損傷が起こって炎症をおこしているらしい。その損傷が回復する際に周りの筋膜と癒着してしまい、その癒着した箇所がさらに痛みの原因になるとのこと。

なので、その癒着をはがして正常な状態にするのが筋膜リリースという方法。

で、具体的にどうするのか?簡単な方法です。

「テニスボールを踏む」です。

正確には、踏みながら揉み解すのですが、その方法が以下の動画。

これだけでいいようです。

ということで、私も実際に試してみました。

ゴルフボールでもいいようですが、固いので結構痛いはず。ですので、テニスボールで行います。

テニスボールを踏んだ瞬間は多少痛みがあります。が、そのまま続けているとすぐに気持ちよくなります。
足の裏のこんがらがったものをほぐすイメージでやるといっそう気持ちがいいです。

ということで、この方法を一週間ほど試した結果、ジョグができるようになりました!

それからさらに一週間ほどたちますが、ジョグをした後の痛みがほとんど感じなくなりました。うそのような本当の話!!

しばらくこの方法を続けていきます。

【注意】安静にしているのに痛みを感じるときなど、足に強い痛みがあるときはやらない方がいいです。ある程度痛みがひいてから試してください。

【広告】

【関連記事】

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加