【サブ4 練習メニュー】ビルドアップ走は短時間で効果大!

疲労があるので、予定変更して追い込まないランニング


この記事を書いた人
ヒガダイ。【フルマラソン自己ベスト3時間23分】1976年生まれの運動経験なし。30代なかばでマラソンに挑戦してはまる。結婚、子供の誕生で一時期マラソンから遠のいたが、40過ぎて再びサブ3を目指しいる!


2021年12月6日のランニング日誌、体調問題なし、疲労あり。

前日に子どもたちと公園で遊んで、夜は娘の夜泣きで寝不足したせいか、体にだるさと疲労感があり。

予定では追い込む系のランニングでしたが、変更して本日は追い込まないランニングメニュー。

最近は体調をみながらメニューを調整するようにしています。

スポンサーリンク

本日のメニュー

ここ最近つなぎの日や調整の日にやっているジョギングと流しを組み合わせたランニング。

  • ジョギング50分(キロ6から7分ペース)、合間に流し
  • スタートダッシュ×2、流し×1

脚が軽く筋肉痛で、少々腰痛気味。キロ6分くらいのペースで様子を見ながら、体を温めながらジョグ。そして、だいたい1kmごとに70mの流しをいれる。

久しぶりに脚が筋肉痛なので、なんかうまく流しができなかった。

なんと言うか、重たくてもたつく感じ。疲労があるときは動きがにぶる。

流し直後のジョグで動きやリズムが乱れないように、ペースをキロ7分くらいに落として、息を整えながら動きづくり。

ジョグでもテンポよく脚が回っていなかった感がある。

走っていると体も温まってくるので、筋肉痛のだるさは感じなくなってくるが、リズムが悪い。

ジョグの後は軽めにスタートダッシュをして、動きのおさらい。

やっぱりもたつく感はあったけど、そこそこスピードには乗れていた。

スポンサーリンク

まとめ

疲労があるときは動きが悪い。

こんなときこそ無理をしないで、ほぐす程度の運動でいいと思った。

まぁ、今日はそんなにひどい疲労ではなかったので、そこそこランニングでほぐせたと思う。

昔の自分なら、こんなときでも予定通りのメニューを無理やりやっていたけど、今は絶対しない。

疲労の上乗せは体調を崩す原因になるので。

そのときの自分の状態にあった内容のランニングに切り替えています。

【余談】
今日は久しぶりに「ナイキ ペガサスターボ2」を履いて走った。

ズームXとリアクトフォームのおかげで、やっぱりクッションがめちゃくちゃ柔らかい!

こんなに柔らかかったか!?って思うくらい。

このシューズ、私はサブ4ランナーのレース用シューズとしてとてもおすすめだと思っています。

なんたって、軽くてクッション抜群!そんなレビューはこちら。

コメント