サブ3に挑戦したけど、失敗した話

サブ3失敗
フルマラソンで「サブ3(3時間切り)」に挑戦してするも失敗に終わった2014年。反省も含めてその振り返りをざっくりと。

スポンサーリンク

失敗の原因は??

もちろん、実力不足というところなんですが。実力が不足した原因はやっぱり練習の内容が間違っていた点にあるかなと。

はい、「オーバーワーク」気味でした。

サブ3を意識するあまり、練習の量的な部分ばかりを増やしてしまいました。サブ3.5を達成した2013年はの月間の走行距離は最長でも「300km」ほど。

ですが、この2014年では最長で「600km」。
倍ですね。

徐々に徐々に脚も体もつくりながら、結果としてその距離にたどり着いていれば問題はないのかもしれません。

しかし、この時はあるときから急に量を増やしました。
調子にのっていたんです。。。(^_^;) 自分ならやれると。

こなせはしましたが、結果として「常に疲れている」という状態。
少々休んでも、大腿部が張っていたり、体がだるかったり。

練習もとにかく「こなしている」という状態で、質がいいのか悪いのかの判断もできなず、走って満足という内容。

レースにでても、走り始めから脚が動かない。無理やり動かしてはいるけど、途中で何度リタイアしようと思ったことか。

一応、12月のNAHAマラソンで自己ベストは更新したものの、サブ3には程遠い「3時間23分」程度という結果。一年前から5分少々しか縮んでいない。

話になりませんね。我ながら。。。(-_-;)

■サブ4達成した時の記事はこちら
サブ4達成した時の練習について

練習について
スポンサーリンク
比嘉大輔

【フルマラソン自己ベスト】3時間23分08秒(2019年3月現在)
学生時代運動経験なし、33歳のとき運動不足解消と思い出づくりのためにフルマラソンに挑戦。ネットタイム5時間45分でゴール。それからマラソンにはまる。2019年現在サブ3に挑戦中

比嘉大輔をフォローする
比嘉大輔をフォローする
スポンサーリンク
マラソンはじめました。