【サブ4 練習メニュー】ビルドアップ走は短時間で効果大!

【2021年10月の練習予定】テーマは「速く走る」!

2021年10月のランニングのテーマは「速く走る」です。

9月からおよそ2ヶ月ぶりに運動(ランニング)を再開、マラソン練習という取り組みで言うと、一年ぶりくらい。

ヒガダイ
ヒガダイ

このブログではしつこく言っていますが、、、私、サブ3を目指しています!

(話が脱線しました)9月の1ヶ月は久しぶりの運動ということで、まずは「体のサビ落とし」と「運動する習慣を身につける」に取り組みました。

久しぶりの運動でしたが、ケガもなくのびのびと楽しめたので大正解!

で、10月からはいよいよフルマラソンでサブ3を目指す取り組みに着手開始。

その1ヶ月のテーマが「速く走る」です。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
比嘉大輔

【フルマラソン自己ベスト】3時間23分08秒(2013年12月NAHAマラソン)
学生時代運動経験なし、33歳のとき運動不足解消と思い出づくりのためにフルマラソンに挑戦。ネットタイム5時間45分でゴール。それからマラソンにはまる。2021年現在サブ3に挑戦中!

比嘉大輔をフォローする

「速く走る」理由

私のフルマラソンの練習メニューのメインは「ビルドアップ走」。

この練習は私の生活スタイルでも無理なく時間をとれるし、何よりも効果を実感できています。

今後もこの練習をメインに継続するのですが、ひとつ大きな課題というか壁?のようなものを発見。

それは「速く走る」のが下手くそということ・・・!

なんと言うか、

ペースを上げていくと、どんどん体の動きがぎこちなくなると言うか、上半身と下半身の動きが噛み合わなくなると言うか、とにかく下手くそになる!

ビルドアップ走を続けていくと、スタミナもついてくるので徐々に自然とペースが上がってきます。

ペースが上がってくると、どんどん走り方が下手くそになってくるので、変な力みと言うか違和感を感じるようになる。

これはおそらく、運動経験のない私の体が「速く走る」ということをよくわかっていないので、速く走ろうと思ってもその動きを作れていないのだと思う(素人の仮説)。

この課題は前からわかっていたので、以前のブログにも書いている通りインターバルやタバタトレーニングなどに挑戦したことがあります。

詳細はこちら。

で、取り組んでみてわかったのは、速く走るのは難しいということ!

なので、インターバルとかなんとか言う前に、もっと短い距離で、とにかく速く走るための動作をしっかり覚えよう!

ヒガダイ
ヒガダイ

ということに、やっと気がついた・・・ 。

そのためにやること、

  • ジョグの中に積極的に流しをいれる!
  • 50mくらいの距離で、とにかく思い切り走る(動く)!

一週間の予定はこちら

10月 1週間の流れ
  • 速く走る日

    流しとか、ダッシュをする

  • 休み

  • ジョグor適度に刺激

    体の様子をみながら、適度な運動をする

  • 休み
  • 速く走る日

    流しとか、ダッシュをする

  • 休み

    散歩とか

  • 休み

    散歩とか

10月はこれに取り組んでみます。

これを繰り返す中で、速く走る動きを体がおぼえてくれれば、ビルドアップ走でペースアップしていっても自然な走りができるかなと。

まぁ、そんな素人考えです。

もちろん、走る動きづくりには「為末大学」を参考にしますよ。

コメント